top of page

リバウンドしないための実践ガイド

更新日:6月11日

① リバウンドしないための実践ガイド


本日はダイエットのその後というテーマで皆さんにお話しします。

多くの方が、ダイエットは痩せたら終わりと思っていますが、実は目標達成後がとても重要です。

特にリバウンドの危険が高いポイントです。

ダイエットの減量期はどうしても食事制限が強くなり、ストレスがかかります。

特にダイエットを始めた2~3週間は糖質制限に慣れるまでがしんどい時期です。

しかし、この期間を乗り越えたら、食事のストレスに対するガス抜きをうまく行うことでストレスなく続けられることが多いです。

減量が成功し、食事のストレスから解放されたとき、リバウンドしないためにはどうすれば良いのでしょうか?


まず、食事の調整はもちろんですが、いろいろな考え方を知っておくことが大事です。

これらを知っておくことでリバウンド防止につながり、気持ちに余裕ができ、ストレスを感じずに維持できます。



②「ダイエットのゴールは減量ではなく、きれいになった身体を維持しながら健康に過ごすこと」


「ダイエットのゴールは減量ではなく、きれいになった身体を維持しながら健康に過ごすこと」が重要です。これを一つの指針に、私はお客様にお話ししています。多くの方が、ダイエットは減量できたら終わりと思っていますが、その思考だとリバウンドの可能性が高まります。リバウンドしないためには、食事の調整と気持ちに余裕を持つための考え方が重要です。


痩せた体重の適正量を理解する


自分の現在の体重に応じて食べられる「適正量」は変わります。例えば、60㎏の人が50㎏に減量した後、60㎏の時と同じ食事をするとリバウンドしてしまいます。減量に成功した後は、適正量を見極めることが大事です。


デッドラインを決める

リバウンドする人は一度体重が上がると集中力が切れ、体重が増加するパターンが多いです。そうならないためにも、自分でデッドラインを決めましょう。

例えば、50㎏に痩せたら52㎏までなら増加しても良いとし、その間を行ったり来たりするように調整します。デッドラインを決めることでメンタル的な余裕が生まれます。


イベントなどは全力で楽しむ


ダイエット期間中は外食や旅行を避ける方が多いですが、楽しむべきイベントを我慢するのはモチベーションに影響します。

ですから、私はお客様に「イベントや外食は全力で楽しんでください!」と伝えています。旅行や外食の前に食事を調整しておけば、体重の変化は少ないです。

イベントを楽しむことでモチベーションがアップし、ストレス発散にもなります。



ダイエットの成功とリバウンド防止のために


これらの方法を実践することで、減量後もリバウンドせずに体重を維持できます。ぜひ試してみてください。自分でうまくできない場合や困っている方は、ぜひ一度LOAFERまでご相談ください。トレーニングと食事のアドバイスを提供します。



高槻で成功するダイエット: リバウンドしないための実践ガイド




閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page