top of page

片脚で自分の体重を扱えるか?

こんにちは代表の上川です


今日はの力が全体重を支えるのに足りていますか?

という質問からお話を始めたいと思います。



チェック1 片足立ち


これは学生のみなさんでしたら

できる人のほうが多いのではないでしょうか。


目を開けたままでも良いので

30秒間片脚立ちで姿勢をキープできるか

やってみましょう


これがキープでいない人は

筋力というより

コツを知らないだけという可能性もあります


そんな人はこの

バランス能力を解説した動画をご覧ください



チェック2 片足ベントオーバー


これも動画の中で紹介していますが


こんな感じの姿勢です

これは股関節で姿勢をキープするものですが

間違って膝で支えている人も多いです


これを股関節(お尻の筋肉)でしっかりキープできるかは

スポーツでの”構え”や様々な動き出しの質に関わります


もちろんブレずにキープできることがクリアの条件です


チェック3 片脚ジャンプ


先ほどは股関節の力でしたが

今度は足+ふくらはぎの力です


縄跳びを片脚でできるか


という内容です

この場合縄跳びの跳び方は

なるべく膝を利用しない跳び方となります





かかとが地面から少し浮いていて

足首を大げさに動かさずに跳び続けることがポイントとなります


足+ふくらはぎもジャンプのみならず

走力につながる部分ですので

これができるかできないかは

運動能力に大きくかかわります。


そして、足底腱膜炎というかかとの疾病がありますが

経験的に

片脚ジャンプができるレベルで筋肉がしっかりあれば

あまりこの疾患にならなかったり

リハビリにおいてもこの段階に達した人は

症状が出なくなっている場合が多いです


これは足底腱膜炎に限らず

足回りの疾病全般にも少なからず関わってくることだと感じます



チェック4 片足ジャンプ


次は一気にレベルアップですが

チェック2の片脚ベントオーバーの姿勢で

ジャンプして着地できるか


これがチェックポイントとなります




こちらの動画でボックスジャンプというのを

紹介していますが

これを片脚でできるかというのが

チェック4の内容となります


ジャンプするという動作自体が

足+膝+股関節という3つの関節が協力関係にあり

その作用をトリプルエクステンションと呼びます


このトリプルエクステンションという作用が

片脚でも問題なく実行でき

さらに着地に際して身体が

ブレないことがスポーツ動作において

自身の体重を扱えているひとつの基準となります



まとめ


みなさんすべてできましたか?

ひとつひとつの中にコツや

習得するまでのハードルが存在しますが

自分の体重を扱えているということは

片脚でも安定した動き・止まりができることです


スポーツ動作では片脚になることも多く

特にこの重要性が増します。


これらのチェックポイントを安定してクリアできていない人は

必要な部分に筋肉をつけることからはじめて

その後動作を覚え

またチャレンジしてみましょう



LOAFER

代表 上川達矢

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page