• 上川達矢

短期集中ダイエットの弊害

こんにちは代表の上川です。

今日は短期集中ダイエットの弊害についてお話ししていきたいと思います。


というのも、Loaferでは一度短期集中ダイエットで痩せた後、リバウンドしてしまったから来たという方が結構多いからです。


前提として、目的のためにボディメイクを達成させる、そして最短で効果を出すこと自体は素晴らしいことですので

決して短期集中ダイエットをメインにしているジムを貶める意図では無いことをご了承下さい。





身体の特徴


さてでは早速その弊害として一番多くみられる現象ですが、これは


・四肢の力に比べ

 体幹力がめちゃくちゃ低い


ということです。


テレビCMなどでみる、シックスパックの引き締まったボディを手に入れた方は恐らく大丈夫だとはおもうのですが、

ひとまず肥満状態を脱したレベルの人によく見られます


体型の特徴にもでていて

体重の減りに比較して体幹部の減りが極端に遅いのです。


もう少しわかりやすい表現をすると

お腹周りのお肉が取れにくい



これって体型を変えたくてダイエットしてる人にはとても辛い状態ですよね。



なんでそうなっているのか?


ここが大事なとこなんですが

おそらくこれは

高重量のウエイトを

パワーベルトやトレーナーのサポート

とにかく挙げまくるという

トレーニングスタイルから生じている現象です


短期集中ダイエットでは

効率よく筋肉を増やして燃焼効率を上げるためギリギリの高重量を挙げたり

限界まで回数を挙げたりします。


フォームが身体に馴染むよりも

期間内にいかに燃やせるか、筋肉を育てられるかが

重視されることもあり


体幹部のコントロールまで指導が及ばないこともしばしば。


そのため腕力や脚力はついていくのですが、それを自力で発揮するための体幹安定力が追いついていないのです。


ベンチプレスで言うと

・挙げるときに胴体がフルフル震えていたり

・首があっち向いたりこっち向いたり


スクワットでは

・上がるフェイズで膝が内に入ったり前に出たり

・肩に力が入って腕がしんどくなったり・・・


ベルトもトレーナーも付かないと、こんな風にエラーがでています


そして

体幹力とは背骨のコントロール力

背骨をうまく動かせないと

姿勢の感覚が身に付かず、

反り腰や猫背などが改善できません。


そのため、お肉がつきやすい部分はそのまま残ってしまい、下腹部ぽっこりのまま全体としては細くなるという状態を作り出すのです。





どうすれば改善されるの?

これは軽いウエイトから

体幹部を意識したフォームでクセを治す必要があります。


腕や足の筋肉に

エネルギーを全振りしてきた経緯から


腹筋を使ってる感覚がないという人

多くいらっしゃるので、まずは

お腹を凹ませたり、腹筋運動などを工夫して感覚を取り戻すことからスタートです。



効率悪くならない?

なります。多少は。


正解のフォームが見えないまま

サポートに頼ってトレーニングをすると生じる現象ですので

まずは正解の感覚を身に付ける必要があります。



そのためだいたい3~4回程度のアイドリング期間は必要だと

考えてください。つまりトレーニングのすべての時間を

筋肉を大きくする時間に使えないという点では

微妙に効率は落ちます。


とはいえ3~4回です。指導の上手いトレーナーや

感覚の良いお客様であれば1~2回でも充分です


ただ、結局高重量にしていく過程で

適正ラインを一気に超えると

同じことになりますので

トレーナーによってはやや消極的な進み具合になるのも否めません。


メリット・デメリットを理解して選ぼう

つまり大事なのはこういうことです


短期集中ダイエットジムでは

そうでないジムに比べて劇的なスピード感で

体重減少という効果を得られます


ただ、トレーナーややり方によっては

今回ご紹介したような思わぬ弊害も起きてしまっている可能性があります


逆に中長期ダイエットジムだと

このような弊害は確率的には少ないですが

その分体重減少のスピードだけで言えば

やや時間がかかるということです。



また、覚えていてほしいのは

短期集中ジムのトレーナーさんでも

もちろんこれに気づいている人は多くいらっしゃると思います。

しかし、体重減少の数値ノルマのためには

フォローしきれない部分もあるでしょう。


そして、体重が無事に減れば

比較的高価な短期集中ジムは金銭面的に続けてもらえないことも

あるので、アフターフォローがしきれないという面もあると思います。




あなたはスピード感・体重減少・体型改善・安全性

何を重視してダイエットしますか?





ちなみにLOAFERのダイエットプログラムは

重視したい項目に併せてメニューや進み具合・食事管理を

カスタマイズできるよう


重量設定・フォーム・エラー・安全管理など日々研修をしております


自分に適したダイエットのやり方が見えない人は

ぜひご相談下さい。


LOAFER

大阪府高槻市登美の里町1-5岸田コーポ102

072-648-3637

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/training_gym_loafer/

YouTubeチャンネルでトレーニングの様子や

トレーナーをもっと知ろう!→https://www.youtube.com/channel/UC5deqff333_0WlulVSWw5gw



#スポーツトレーニング

#高槻市パーソナルトレーニング

#高槻パーソナルトレーニング

#高槻パーソナルジム

#パーソナルジム高槻

#パーソナルトレーニング高槻

#体幹トレーニング高槻

#高槻体幹トレーニング

#ダイエット

#ピラティス

#パワープレート

#短期集中ダイエット

#弊害

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示